スキップしてメイン コンテンツに移動

Gibson B-25のギグバッグ。

自分、フライングVも持ってますが、
(正式には、Gibson製造のもの以外はフライングVとは言わないみたいだけどね)
Vのギグバッグを探すのは簡単です。
Vの場合、形状的にあんまりギグバッグを立てかける事ってないと思うけど、
底部にクッション等があってボディーがちゃんと保護出来れば立てかける事も出来るので、
そこらへんが選ぶポイントのひとつかなと思います。
ご覧の通り、わたしのVのギグバッグの底部はペラッペラです。
中のVもペラッペラだから、身の丈には合っています。

さて、今回はさらに誰得?Gibson Acoustic Small Body B-25のギグバッグ探しの旅のお話です。
わたしのアコースティックギターはGibson B-25 Cherry Red、
1960年代に製造されたビンテージギターの復刻版リミテッドモデル。

生産終了した1977年以降は、B-25の復刻版以外での製造はありません。
ビンテージを買うか、復刻版を買うかの2択です。
中でもCherry Redは、1968年から1969年の間のたった2年のみ生産されたものなので、ビンテージものはかなりの希少価値。
復刻版も、わたしが記憶している限りは1度しか発売されませんでした。(わたしが見つける前に1度発売されたかも、という情報はある)

一応、Gibsonのホームページから、
B-25のサイズ等の詳細がないか調べてみましたが、
B-25自体、掲載されてませんでした。

昇る〜〜昇る〜〜太陽が〜〜わたし〜の〜場所〜を〜浄〜化する〜〜〜♪ が頭をよぎりました。

B-25は、GibsonのスモールボディーLシリーズから派生した、
LG-2、LG-3の後継として作られたモデルです。
ボディーの元はLG-2とLG-3なので、
かろうじて掲載されていたLG-2モデルのサイズ感を調べてみました。


ちなみに、ギターサイズ比較とかでいろいろググってみましたけど、
あらゆる人が作った「アコースティックギターのメーカー別名称と大きさの違い一覧」の中にも、GibsonのLGシリーズ・B-25は掲載されてませんでした。
一覧言うから期待しちゃったじゃねえか。(廃盤のつらみ)

というわけで、うちのB-25を測ることに。

【B-25のサイズ】
全長:100cm
ボディー上部最大幅(肩幅):27.5cm
ボディー下部最大幅:36.5cm
ボディーの長さ:48.5cm
厚み:11cm

このデータがあれば、この子がぴったり収納出来るギグバッグが探せます。
というか家にあるんだから最初から測れよって話。


試しに、
スモールボディー ギグバッグ
我らがサウンドハウス内で検索かけると、3件ほど検索結果に上がってきました。
アコースティックギター用のギグバッグで検索かけると100件強がヒットするので、この3件という少なさは理解して頂けるかと思います。

しかしながらその3件、さすがスモールボディー用なだけはあって、すべてのサイズをクリアしていました。

そのうちのひとつは、Casinoのギグバッグを探していた時も候補に上がったメーカーでした。
が、強度的にMONOが上だったので、MONOを選んだ記憶。
もうひとつ(2種類展開してた)のメーカーのギグバッグは、見た事がありませんでした。
見た事がないものをひょいっと購入するのは、若干躊躇われました。

というわけで、
もうちょっと選択肢はないのかなと、それらの商品を手がかりに調べ進むことに。

 

途中で、パーラーギター専用ギグバッグを見つけました。
パーラー専用があるならスモールボディー専用がもっと種類豊富でもいいんじゃないかとちょっとした怒りを覚えました。笑

小ぶりなアコースティックギターは、
スモールボディーをはじめ、いくつか呼び名があるのですが、
大きさ順に、

Small body>Parlor Guitar>Mini Guitar

です。
特徴として、スモールボディーはボディーが小さいだけでフルスケールなのに対し、ミニギターはスケールも短い。
パーラーのスケールは物によりけりみたいだ。
(誰か詳しい人、天野にパーラーギターとは何かきちんと教えてください)

何の話をしているのかさっぱり分からなくなった雑音生活愛読者のために、この話をしておるよっていう説明を貼っておきます。

スケールはロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケールという規格があるんだけど(メーカーによって若干規格の差がある)
フルスケールというのは、いずれかの規格のスケールで作られていて、そこから逸脱して短いわけじゃないよって事です。
ちなみにB-25はミディアムスケールです。

以上、余談でした。


そういえば知り合いがスモールボディーを所持してる事を思い出しました。確かMartinのスモールボディーだったはずです。

Martinは小ぶりなギターを大きさ別にたくさん展開しています。Martin持ってないからあんまり詳しくないけど、身体の小さい人が「Martinに小さいギターいろいろあるよ」とオススメされた話は何度か聞いてきています。

その中で、フルスケールのスモールボディーは0(ゼロと書くが、0でシングルオー・00でダブルオー・000でトリプルオーと読む。0000まであるようです)シリーズとOM(オーケルトラモデル)という事が分かりました。
スケールはMartinの方が少し長いみたい。特にOMはロングスケールなので長い。

Martinの0シリーズと、B-25のサイズのデータを比較してみました。

こんなまとめサイトがあったので、大変助かった。
結果として、

Martin OM>Martin 000>Gibson B-25>Martin 00

だったので、
OMか000が入るギグバッグなら、B-25は入るという事が判明しました。
B-25の方がボディーの厚みがあるので、OM(000)用のギグバッグがぴったりかもしれないね。
  
なので、OM(000)が入るギグバッグを探す事に。

さすがアコギの王様Martin、OM(000)対応のギグバッグもいくつか展開されていたし、中にはOM(000)専用なんかもありました。
その中に「クラシックギター/OM用」という表記のされた商品がちらほら出てきたのです。

あれ、これもしやクラシックギターのギグバッグでいけるってこと?

かなりの灯台下暗し。
クラシックギターのギグバッグなんてめっちゃ種類あるやん。
なんだサイズもばっちしやん。
めっちゃ選択肢増えた。
 
というわけで、
最終的にGATORのクラシックギター用セミハードタイプか、
MONOのクラシックギター/OM用かの一騎打ちで、
どちらも使い勝手が良さそうで相当悩みましたが、
まずは実物を見てから!と思い、
お店に行ったらGATORのセミハードがなかった&MONOはあった、
店員さんに売り場にあったLG-2がMONOに入るか試させた(←今回は店員さんがやって下さったわけじゃない。厚かましい事この上ない)という経緯より、
MONOを選びました。

MONO素晴らしいよMONO。
回し者じゃないよ。

MONO M80 CLASICAL/OM
内側の構造がセミハード風になっていて、表地は撥水加工され(以下略)
 

ちなみに、こんなにつらつら書きましたが、ギグバッグ、オーダーメイドも出来ます。

このブログの人気の投稿

雑音生活が消えてしもた。

ブログ『雑音生活』をいじっていたら、
このサービスはもはややってないんだわ〜とエラーになって、
ブログの表示がなくなりました。

完全にやらかした。
が、契約解除したわけではないので、管理画面の中にバックアップのようなものは残っています。これは、自分が削除しなければ消えないみたい。(サーバーが生きてるうちはね)

試しに貼りますが、
2010年のアルバム『Licht』公開レコーディングの写真、
これ、元のブログの画像置き場のURLを貼ってるだけなんだけど、こうやって表示できるんだよね。



ブログのURLがなくなってしもたし、
新しいブログを立ち上げることもできない(←このサービスも終わっている)から、
元の所では新しく投稿もできないけど、
この先も写真を保管したURLがなくなるわけじゃないなら、、、、いいな。
なくならないと、いいな。

この先、写真の表示なくなったで〜って時は、ツイッター等のリプで教えてください。
記事と写真のバックアップは全部取ってあるので、再アップする事ができなくはない。

今年度内に、まだまだお知らせする事があったので、
急遽仮設ブログを立ち上げました。

さすがBlogger、ブログに特化してるからめっちゃ使いやすいぜ!!
むしろ今までのよりずっと使いやすいぜ!!なんならリニューアル後のやつよりも使いやすいぜ!!とか思っておりますが(笑)
短い期間にはなりますが、こちらの「つなぎの雑音生活」お楽しみください。

カジノの入るギグバッグ。

数年前からギターのハードケースの留め金が一部壊れて、
留め金を 留めても留めても 外れちゃう
状態になり、
しばらく騙し騙し使ってたんだけど、
純正のハードケースを買うのが悔しかった(別に安くはないので)のと、
背負っていけたらどんなに便利かと常々思っていたので、
今より半年前、
「Five Rings〜祭典〜」の時に、
Epiphone Casino用のギグバッグを探す旅に出た事がありました。

Epiphone Casinoは、この子です。
「箱庭」や「ウタカタ」「DECADE」のジャケットの子。
ギターの種類で言うと「セミアコ」と言われる分類になります。
セミアコのギグバッグは種類豊富なのだけど、
Casinoはちょっと特殊な形をしているため、
いわゆる普通のセミアコ用のギグバッグだと、全長が足りなかったり、ボディー上部の「肩幅」と言われる幅が足りなかったり、という事が出てきます。


EpiphoneというのはGibsonの系列で、
Gibsonの形を元に、手軽に買える価格帯のもの、
言ってしまえば廉価版を作っているギターブランドです。

CasinoはGibson ES-330(セミホロウタイプ)の廉価版。
廉価版だけど、ビートルズをはじめ有名アーティストが使用してきたので、
Gibsonの330よりCasinoの方が有名じゃないかなとは思います。

Gibsonのセミホロウタイプの代表格はES-335なんだけど、
335はギタリストのギター、
330はボーカルが弾くギター、というイメージ。
中の構造がちょっと違う。

大雑把に言うと、
330はボディの中が空洞になっていて、その空洞を生かして鳴らすギターなのに対し、
335は中が空洞ではないので、
音も重さも全然違う、という感じです。
が、形はとても似ていて、ぱっと見区別出来ないぐらい。


前置き長くなりましたが、
Epiphone Casinoのギグバッグを探す場合は、
Gibson ES-335収納可能を探せ、というわけなのです。


ES-335用のギグバッグ、そもそもラインナップが多くはないです。
だから探そうにも最初から選択肢がある程度絞られてるわけなんだけど、
ここでひとつちょっとした問題があります。

Epiphone Casinoの方がヘッド部分が長いため、
Gibson ES-335ジャストサイズに作られているギ…

届いた風と、吹かせる風。

昨日リハの時に、
「この曲は、深く胸に来るものがありました」
と言われた曲があって、
なんだかとても嬉しかった。

以前、
墓穴のような、あまりにも深い穴を掘ってしまって、
自分はその中に落ちて、
どうやっても自力で這い上がれそうにないから中から助けて欲しいと叫んだら、
いろんな人が手を貸してくれて、
もう二度とここには落ちてはいけないよって、
いろんな人が溢れんばかりの土を持ってきて埋めてくれたもんだから、
わたしの穴はあっという間にこんもりとした丘になって、
わたしは今もずっと、みんなが埋めてくれた丘の上にいる、
というような話をしたのを覚えている人はいるだろうか。

自分が掘り進めて深く広げてしまった穴は、
誰かが埋めてくれるとは限らない。

わたしの、どんどん人の手によって埋まっていく穴を見ながら、
なんて運がいい奴なんだという苛立ちを感じた人もいて、
わたしが、自分の穴を埋めてくれる人たちに感謝するのに思いっきり時間を割いたために、
置き去りにしてしまった人たちもいる。

そういう人たちは、
無数に分かれた、
わたしには渡ることが出来ない交差点の向こう側にいる。

会いにいけないから、
遠く離れた場所から、援護射撃を送るのだ。

元気にしてますか。
いろいろあるけれど、わたしは元気です。


今日は、交差点の向こう側すぎて、
本当に輪郭さえなくなったような、
そんな古い友人たちの歌を聞いていた。

君たちの歌は、わたしにはいつだって援護射撃。